手相を見れば結婚についてもばっちり!? 結婚線にまつわる9つのパターン 【島田秀平大妻女子大学講義⑮】

 


 

女性ともなれば気になるのはやはり自分の結婚について。

 

今回は、島田さんが気になる結婚線の見方についてレクチャーしてくれます。

 

まず、結婚線とは小指の下に横向きに現れる線のこと。

 

複数ある場合もあれば全くない場合もあります。

 

さらに、この線の特徴は、時期によってとても変わりやすいこと。

 

結婚線の形や濃さによって結婚について様々なことが分かるようなので、チェックしない手はありませんね!

 

GFでは、結婚線の特徴を9パターンご紹介。 あなたの結婚線と同じパターンのものもあるかも!? ①長い線がなく、細かい線がびっしりとある場合:気が多すぎる。誰か一人に絞った方がよいことを示している ②結婚線が下の方にある場合:早婚を表す。逆に上の方にある場合は晩婚を示す ③結婚線が赤みを帯びたり、日々伸びてきている場合:結婚が近い証拠 ④結婚線が枝分かれして再び交差し、魚のような形になっている場合:上と同じで結婚が近い証拠。最近のDIGOの結婚線にははっきりこの形があらわれていたんだとか! ⑤結婚線の間に円がある場合:不倫など、結婚でのトラブルを示す ⑥2本の結婚線が途中から一緒になり1本になっている場合:付き合ってから結婚するまでに長い時間がかかることを示す ⑦2本の結婚線の間から1本の結婚線が伸びてきている場合:2、3人の候補の中から結婚相手を選びそうだという予兆 ⑧結婚線が枝分かれしている場合:まだ結婚の時期ではない証拠 ⑨枝分かれした結婚線の間から、また新たな結婚線が出ている場合:元パートナーとの復縁があるかもしれないということを暗示 以上、9パターンの結婚線をご紹介しました! パートナーとの結婚を考えている人は自分の結婚線を参考にしてみることも大事かもしれません。 結婚線をチェックすることで、素敵な結婚を目指しましょう♡

 

 

 

 

 

婚活1日無料体験プレゼント

 

結婚情報比較ネット 資料請求