使ってよかった出会い系の体験談

 

アニメ大好きで休日は出会い系サイトの彼女の愛知の家にこもる

愛知県一宮市在住 F.Wさん(31歳)
私と彼女はすごくアニメが好きな二人です。二人ともアニメが好きなんですけど、気になっているアニメが違ったりすると、少し喧嘩をしたりしますが、基本的には彼女と私が好きなものについては、一緒に見るようにして、他は一人で楽しむようにルール化しました。

元々彼女は出会い系サイトでこういう趣味を一緒に楽しめる仲間を探していたようです。

男女問わず募集していたのですが、私は彼女の写メを見て「カワイイなぁ、しかも趣味が一緒なんて最高じゃないか」と思ったので、すぐにメールをしました。

同じようにアニメ好きっていうことで、かなりメールも盛り上がりました。

夜中までずっと交換していたこともありました。

そして二人で会おうと約束したのも、アニメの映画があるからそれを一緒に見に行こうという話だったのです。

今も二人してアニメのイベントなどに出かけているのですが、基本的には週末彼女の家に行く事が多いです。

愛知にある彼女の家に行って、二人で部屋にこもりきりになるのです。

別にそこでいやらしいことをしているわけじゃなくて、ずっとアニメを見ているんです。

1週間分のアニメを彼女が録画していて、それを順番に見ていくというわけです。

30分のアニメ出会っても10本見たら300分で5時間かかりますから、結構たいへんです。

だから週末は彼女の家にこもりきりになってしまうわけです。

たまに私達以外の友人たち数人と一緒にアニメを鑑賞したりもします。

特にブルーレイのボックスが出た時なんかは一気にみんなで見てしまうので、その時はちょっと広い部屋でみんなで鑑賞会をするんです。なかなか面白いですし、酔っ払ったら更に面白いです(笑)

出会い系サイトってもっとオタク系の人たちじゃなくて、明るい人達が使うものだと思っていましたが、私と彼女みたいにアニメ大好きな人種でも、使うことがあるんですよね。

少なくとも愛知ではあると思います。

 

 

アート系の静岡で芸術を趣味にしている子との出会い系での体験談

静岡県三島市在住 N.Mさん(32歳)
普通のサラリーマンをしていると、他の価値観の人達とはなかなか出会うことがありません。

仕事でも似たような価値観の人たちばかりですから、逆に意思疎通はしやすいんですが「なにか新しいネタはないのか!」という上司から営業成績を上げるためのネタを探すのには一苦労します。

そんな私達と価値観が違う人と出会うには、他の方法を使うしかありません。

他の方法とは例えば出会い系サイトです。

出会い系サイトにはいろいろな人がいます。サラリーマンの私みたいな人もいれば、フリーランスで働いている人もいますし、フリーターの人やニートの人までいます。

女性も様々です。

だから静岡の女の子で絵を書いているという芸術系の女の子と出会えた時も、別になんとも思わなかったです。

そういう価値観の違う女の子もいるんだということはわかっていたからです。

しかし実際に会ってみたら、考え方が私達サラリーマンとは全然違いました。

まず生活なんですが、今さえ良ければいいという感じでした。

「今が楽しいのが一番!」という彼女は年金も滞納しているし、保険証も持っていなかったのです。

日雇いの仕事や路上で絵を売ったりするのが楽しくて、それだけをしているみたいでした。

また恋愛についても「自分が好きって思ったらどんどん行ったらいいと思う」というように、ストッパーというモノが無いようでした。将来的にこの人と一緒で大丈夫か?

と考えるよりも、直感が好きって感じたらそのまま行け!というようなタイプみたいです。

なるほど、私達とはぜんぜん違うなとコーヒーを飲みながら思いました。

でも、いつもいつも同じようなおじさんの顔ばかり見ているよりも、彼女のような話はすごく刺激的です。

だからたまに彼女とは静岡の喫茶店やレストランで会うようにしているんです。

おそらく彼女も私のことは嫌いではないみたいです。

毎回誘ったら来てくれるので

 

 

資格の勉強を一緒にして、高知の出会い系の子と付き合うことになった

高知県高知市在住 J.Iさん(24歳)
子供の頃っておとなになったら勉強しなくていい、宿題もなくてラッキーだ!なんて思っていませんでした?

私は思っていました。

だから実際に大人になった時にやらなければならないことの多さや、仕事のために勉強をしなければならないことの多さに驚きました。

「あの時の大人は楽をしていたわけじゃないんだな」とわかった私ですが、仕事のために資格をとるように言われました。

資格の勉強をしないといけなくなったわけですけど、なかなか集中してできなかったんですよね。

元々そんなに頭もいいわけじゃないですし。

勉強の合間によく出会い系サイトをやっていたんですけど、そこでたまたま高知の女の子が同じ資格を受ける勉強中だって言っていたので「俺もなんだよ!奇遇だね、しかも近いし!」とメールをしました。

まさかこんなことがあるなんてと思ったので、急いでメールしましたね。

そうしたら彼女は「出会い系サイトでこんな人と会えるなんて!一緒に勉強しませんか?」とメールしてきてくれました。

私も一人でやっていて限界を感じていたのでちょうどよかったので、彼女と一緒に勉強することにしました。

実際にあってカフェで勉強していたんですけど、彼女のほうが確実に頭が良かったです。

大学もいいところを出ているし、教え方も上手でした。

まるで彼女が大学生の家庭教師みたいで、私が教えられている高校生のような感じでした。

その後ふたりとも無事に合格することができて、私は新しい仕事のステージに立つことができました。

合格祝いとして、社長から金一封ももらいましたし、順風満帆です。

彼女とは資格の勉強が終わった今でも一緒に遊んでいます。

彼女の方も仕事で必要だったこの資格をとってから昇給したと言っていました。

一緒に合格した時は、飲みに言ってお祝いをお互いにしたりと、どんどん仲を深めているのです。

 

愛媛の出会い系サイトで忘れられない思い出になったある日の夏フェス

愛媛県新居浜市在住 N.Aさん(37歳)
どうしても忘れられない思い出ってありますよね。

今でも愛情があって好きっていうわけじゃないんですけど、女の子のことを大事な思い出としてとっていることがあります。

まぁ学生時代に部活を頑張った思い出とかも忘れられないので、それと似たようなところはありますね。

実は3年くらい前でしょうか、一緒に夏フェスに行った女の子がいました。

彼女は夏フェスに行く前に、出会い系サイトで出会った愛媛の女の子でした。

愛媛ではあまり大きなコンサートなどがないので、どこか夏フェスに行きたいねなんて話していたんです。

彼女とは最初に出会った時もメールで「どういう音楽が好き?」と効かれたくらい、音楽が好きな女の子でした。

私はそこまで得意じゃなかったので、彼女の言われるがママにいろんな音楽を聞いているうちに、彼女と趣味が似てくるようになりました。

そして彼女と夏フェスに行くという話につながるわけですが、一緒に深夜バスで夏フェスにまで行きました。

かなり疲れましたし弾丸ツアーでしたが、二人で拳を振り上げて盛り上がったのは忘れられません。

しかも周りの人達との一体感も最高でした。

ただ、出会い系サイトで出会った彼女と思い出に残ったのは最初で最後の夏フェスになったからかもしれません。

夏フェスが終わった後のガランとした感じ、そして人の喧騒がなくなった会場を見ていて「夏が終わったんだな」ということを感じ、なんとなく涙が出てきたのです。

彼女も一緒に泣きました。

そうして私達の夏もそして恋も終わったのです。

今から考えてみたらこれがひと夏の恋というものだったのだと思います。

花火のように燃え上がって、一気にキレイに打ち上がりましたが終わりは線香花火のようにはかないものでした。

今でもこの時のことはいい思い出として覚えています。

それに夏になったらいつでも思いだしてしまって切なくなります。

私が死ぬまで、大事にしたい思い出の一つですね。

 

 

焼肉大好きな若い香川の女の子、出会い系で最初からデートに行った

香川県善通寺市在住 S.Gさん(36歳)
若い子は男も女もみんな肉が好きですよね。

私なんてもう30代ですけど会社の中では若手なので「肉が好きだろう」なんて言われて、かなりいっぱい食べさせられるんですよ。

 

いや、もう30代も終わりに近づいてきているのに、そんなに食べれるものじゃないですよ実際(笑)

 

でも出会い系サイトで出会う女の子は大抵若いですから、みんなよく食べます。

「最近の女の子たちはお肉の食べっぷりがいいなぁ」と思うくらいです。私は出会い系サイトの女の子と香川で出会う時は、いつも焼肉を食べに行くようにしているんですが、ホント気持ちいいくらいですよ。

なんで焼肉を最初に食べに行くかというと、結構食べられるようになると仲良くなれるって昔聞いたことがあるんです。

多分匂いがついたりするので、それでもOKな仲だからということなんだと思いますが。

だから今でもそれを信じていて、若い子と出会い系で知り合ったら必ず焼肉に行くわけです。

前に香川の焼肉屋に一緒に行った時は女の子3人でした。

「あれ、一人だけじゃないの?」と聞いたら「会社の友達も連れてきました~」というので、3人分食べさせてあげました。

おごってあげましたけれども、まぁ大した金額じゃないので全然OKです。

それよりも3人の若い女の子と一緒に食事ができるなんて、普通はないですからね。

だから私としては嬉しかったですよ。

みんなキャピキャピしていて、自分が若いころを思い出します。

しかも「まだ若いですよ」なんてお世辞を言ってくれるので、すごくいい子たちです。

まぁそんな彼女たち以外にも結構焼肉を食べに行く女の子は、出会い系サイトで出会えるんですよね。

今でも10人以上の女の子と食べに行ったと思います。

しかしそこからどんどん仲良くなっていくと、何を食べに行くか、何をするかわからなくなってくるんですよねぇ。

若い子とデートするならどういうところに行くべきなんでしょうね?

 

稼いでも虚しさがあったが、出会い系の徳島女性が満たしてくれた

徳島県小松島市在住 J.Yさん(38歳)
子供の頃から頑張れと言われて、それに従って生きてきました。

いい大学に言って、そこで声がかかったから今は外資系の企業で働いて10年以上が経ちました。

そこそこというには多いくらいのお金を稼ぐようになりましたが、それでも自分が満たされたような感じはしません。

いくらお金を稼いでもなんとなく、自分が幸せになれたような気がしないのです。

ある外資系トレーダーの方が言っていましたが、どんなにお金を稼いでもフランス料理のフルコースを一日3食以上人間は食べられない。だからお金を稼いでもできないことはある、と。

そのとおりだと今になって思います。

でもそういうものを満たすのは大抵人間関係のものだと思います。

いわゆる愛だとか友情だとか、そういったものではないかと思うのです。

確かに愛や友情も重要だと思っていますが、今はお金があるからこの重要性がわかるのだと思います。

20代の貧乏だった頃にはわからなかったでしょう。

そして私に愛情や人間関係の良さを教えてくれたのが、出会い系サイトの女性だったのです。

徳島に住んでいるという彼女はそんなに恵まれているわけではなく、私よりも貧乏であることは間違いありません。

それでも私より友達や慕ってくれる人が多くて、そして何よりもみんなから愛されていました。

徳島の彼女と出会い系サイトに出会って色々と話をしていて、なんとなくわかりました。

「お金だけじゃ満たせない部分があるんだ、彼女はそういうものをたくさん持っている」ということがわかり、彼女のことを尊敬するようになったのです。

私は彼女と行動を共にするようになりました。

別に付き合っているとか結婚したいとかではないのですが、なんとなく愛情や友情と呼ばれているものがどういうものか、わかってきた気がします。

これも彼女のおかげでしょう。

心の穴も少しずつ満たされてきたような気もします。

 

 

 

おすすめ出会い系サイト

 

20~30代が多く、割り切った関係で探してもいいし、ズバリ、セフレを探している女の子もちらほらいました。

 

 

 

若い女の子が多いです。とりあえず、迷ったらココ。

 

 

 

近所でパートーナーを探したいたいならココ!さらに地元トークで会話がはずむので、簡単に盛り上がれちゃいます。