無料でしかも効果の高い出会い系

たくさん栄養ドリンクを届けてくれた、出会い系で出会った岐阜の子

岐阜県大垣市在住 M.Yさん(36歳)
少し前なんですけど、どうも会社で私にすごいたくさんの仕事が降ってきたことがありました。

 

上司に文句を言いに行ったら「私もたくさんの仕事を引き受けることになったんだ。

 

実は他の部署で数人が辞めたらしいんだ。

 

その仕事をこっちで引き受けてるんだ。我慢してやってくれ」と言われました。

どうして他の部署の分をやらないといけないんだ…と文句を言いながらも、上司と私達の部署は必死になって残務処理に当たりました。

こういうことがあるから、急に引き継ぎなどを行わないでやめるっていうのは困るんですよね。

それが半年くらいは続いたんですけど、さすがに何度か「このままだったら体がやばい」という状況になりました。

同じ岐阜の家にすら帰れない時が増えていたのですが、そんな時に私にメールを送ってきてくれたり、栄養ドリンクをくれたのが彼女だったんです。

彼女は出会い系サイトで家が近いからということでメールをくれた女の子です。

家が近い子と出会えるなんて思っていなかったから私も奇遇で何度もメールをしました。楽しくなって彼女とのメールを良くするようになって、付き合うようになりました。

付き合ってから彼女には申し訳ないくらい仕事が忙しくなってしまって、なかなか会えなくなったんですけど、会社の近くまで来てくれて「これ、がんばって」と言って栄養ドリンクをたくさん持ってきてくれたりしたんです。

この時はホントに愛情を感じたし、ありがとうと言って抱きしめました。

なんとか会社の残務整理をすることができ、これで新しく部署を再編して再スタートが切れるめどが立ったので、私達の部署の忙しさもかなり解消されました。

彼女には今までかまってあげられなかったお詫びと、心配してくれたお礼を兼ねて、ちょっと奮発したデートをすることにしました。

出会い系サイトの女の子ってこういう優しい女の子が多いんでしょうか?

それとも私がたまたま彼女という優しい女性に出会えたのがラッキーだったんでしょうか。

どちらにせよ、私は彼女と付き合えたのは幸せだと思っています。

 

 

独身で仕事だけをしてきたが、地元山口に戻り出会いを求める晩年

山口県光市在住 B.Sさん(61歳)
色々と仕事の面では18歳から頑張って働いてきて、定年まで駆け抜けてきた。

まぁそれこそ命がなくなるんじゃないかっていうくらい猛烈に働いたこともあるし、体だけじゃなくて精神的にも追い込まれたこともあった。しかし周りの人達に助けられてなんとかやってきた、そんな風に思っている。

でもさすがにずっとこのまま仕事をし続けて死ぬというのは明らかにおかしい、そういうふうに思うに至った。

それは周りで世界一周旅行を奥さんと一緒に行った友人であるとか、他にも充実した趣味を持っている友人などを見ていると「私は何をしているのだろうか」そう思ってしまう。

だから意を決して私は地元に戻ってきた。

地元といってももう家もなければ実家もないのだが。両親の墓があるために、そこに墓参りするくらいしか来なかった山口に戻ってきた。

そしてここでもう一度自分の人生を豊かにするために、仕事以外のことをしようと思ったのだ。

まず出会い系サイトにも手を出した。出会い系サイトで同じように山口で何かをしたいと思っている女性がいれば、一緒にやりたいと思うからだ。

そして役所に届出をして、畑を借りた。そこで野菜を育ててみようと思うのだ。

全くやったことがない素人作業だが、出会い系サイトで若い人達が次々と私に手を貸してくれる事になった。

「一緒に美味しい野菜つくりましょう」という人から、私のような年齢で自分探しをしているのを見て「かっこいいです」という女性もいて、嬉しかった。

今はまだ土づくりの段階だが、畑の土は日に日に良くなっている。

これもみんなの協力のおかげだと思っている。

出会い系サイトで出会った女性と今は一緒に暮らしているが、みんなと出会えたこともかけがえのない財産だと思っている。

我々60代になってからも、こういう自分探しをしたほうがいいのではないだろうか。

自分の体験を通してもそう思う。

 

 

パソコンなど家電製品の修理で広島の出会い系サイトの女性に好かれた

広島県福山市在住 U.Hさん(37歳)
仕事柄色々なものを修理していて、手先の器用さっていうのにはかなり自信がありました。

家にある物も自分で作ったものも多くて、必要な物はカスタマイズしたりしていました。

もちろんパソコンなんてすべてカスタマイズをして自作しています。

こういう手先が器用なことは別に自分の中で自慢するようなことでもないし、当たり前のようなことだったのですが、女の子から「すごーい!なんでもできるんだね!」と言われるようなことが最近続き、これってかなり女の子へのアピールになるんだなということに気が付きました。

それを思ったのは広島の出会い系サイトで出会った女の子たちと話している時のことです。

基本的に女の子はビデオ録画なども苦手とするほど、電化製品に弱いところがあります。

だから私がわからないことあったら教えるよ、と言っていたのです。

そうしたら「パソコンの調子が悪くなって…壊れてしまっているみたいなの。」というので、見てあげる事にしました。

簡単なリカバリーをして使えるようにしてあげたら「すごーい!ありがとう!」と喜んでもらえました。

これくらいでこんなにも喜んでくれるなら楽なものです。

しかもパソコンの修理などであれば、家の中にあげてもらえるのが大きいですね。

女の子の家に挙げてもらうのは広島の出会い系サイトでも簡単にできるものではありません。

いくらか仲良くならないとできないものですが、パソコン修理などであればそれが一気に短くなります。

私はあまりモテないタイプだと思っていたんですけれども、この方法を知ってからは、出会い系サイトでいろんな女の子と仲良くなっています。

中でも今は彼女ができました。彼女ができたのも自分のこの手先が器用なことが影響していると思います。

仕事的には給料も安いし大変ですけど、こういうところで役に立つとは意外なものです。

人生分からないですね。

 

 

久しぶりに出会い系サイトの彼女と岡山で会うのでサプライズを企画

岡山県総社市在住 Y.Kさん(40歳)
彼女の住む岡山に帰ってくる事になった私は、彼女のためにサプライズを用意しようと思いました。

そろそろ付き合ってから長いですし、私も40歳になってしまったので、ここらで結婚をしないといけないので、プロポーズをサプライズしました。

私と彼女は最初、出会い系サイトがキッカケで仲良くなりました。

彼女の出身地が私の出身地と同じで「奇遇だね!」ということがかいわのきっかけです。

彼女と私は歳の差があるので、知り合いなどはいませんでしたが、学校の先生などは知っている人がいたので、共通点を見つけ出して仲良くなって行きました。

その後何度かデートをすることができて、付き合うようになったのはいいんですけれども、私の仕事の都合で遠くに行かなければならなくなりました。

私はきっと彼女も出会い系サイトで他の男を探すだろうな…と思っていたのですが「私、待ってるね」と言うので驚きました。

私は自分が思っている以上に彼女に愛されているようでした。

それならということで、私も遠くで一人暮らしをしているとき、彼女にまめに連絡を入れました。

そして彼女以外の女性に浮気をするということはありませんでした。

出会い系サイトも使わなかったですからね。

そしてやっとのことで岡山に戻ってこれることになったのです。

おおよそ1年の間、彼女は私のことを信じて待っていてくれました。

ここまでしっかりとした女性なんですから、私がちゃんとしないといけない、そう思います。

男として結婚けじめは付けたいですね。

一応サプライズ用のレストランでの手はずは整っていて、指輪もレストランの方に渡しています。

後は手はず通りうまく行けば、かなり感動的なプロポーズになるはずです。

彼女の方もそれで喜んでくれたらいいんですが…

日本でサプライズ的なプロポーズをするのってあまり無いですからね。

海外だったら多いんですけれども、うまく行って欲しいです。

 

出会い系サイトのメールを待つ時は島根のマンガ喫茶で優雅に待つ

島根県出雲市在住 A.Mさん(35歳)
時間を潰すのにちょうどいい方法ってなかなか人によってバラバラですよね。

私の場合は待ち合わせの時間をつぶすなら、必ず出会い系サイトの新しい投稿を見るか、もしくはSNSのゲームをすることが多いんです。奏していたら10分くらいは暇つぶしが出来ますから。

人によっては本を読んでいたり、どこかコンビニをウロウロしたり、10分の間だけでもコーヒーを飲んでいたりする人がいます。

時間の潰し方は人それぞれですが、出会い系サイトでメールを待っているときにする時間の潰し方はどういう風にしていますか?

私の場合は出会い系サイトでメールをたくさん打った後は、必ず待たないといけません。

遅い場合は1時間くらいは返信が来ないことがありますから、その時は優雅にゆったりと待つ必要があると思っています。

ですので、島根にある私の好きなマンガ喫茶で待つようにしています。

マンガ喫茶のいいところは時間を潰し放題なところです。

雑誌も漫画もありますし、インターネットも使えます。

出会い系サイトを取り付けられているパソコンでするのもありでしょう。

そうしてジュースでも飲みながら何かしていたら、1時間くらいはすぐに過ぎます。

そうして私はメールを待っています。出会い系サイトのメールが帰ってきて「会いたい」というふうになれば「今、島根の○○っていうマンガ喫茶にいるから来てよ」というように誘うこともできます。

こちらから車で迎えに行ってもいいですし、動きやすいんですよ。

結構この方法っていいと思うんですよね。

なんとなくですが、こうやって余裕を持ってメールを待っている時のほうが、メールの返信率もいいようなきがするんです。

気のせいかもしれませんが。

なかなか出会い系サイトのメールの返信が来なくてイライラしてしまう時というのは、どこでも誰でもあると思います。

そういう時はマンガ喫茶にでも行って、ゆったりと大人の余裕を持って待つといいですよ。

 

出会い系でうまくいったと思ったのに鳥取の女の子にフラれてしまった

鳥取県米子市在住 O.Nさん(29歳)
ちょっといろんな人に聞いてもらっているんです。

未だに気持ちの整理がつかないので、いろんな人に聞いてもらってすっきりしたいんです。

もう早く次の恋愛に行きたいんですけど、気持ちの整理がつかないと恋愛も次に行けないので…

実は出会い系サイトで出会った女性がいるんです。

彼女は同じ鳥取の女性で、結構家も近かったんです。

年上だったんですが、話も面白くてよく一緒に飲みに行きました。

3回くらいでしょうか、飲みに行ったりカラオケに行ったりして遊んでいましたが、そこからピタっと冷たくなったのです。

今まではメールもかなり頻繁にしていたのに、メールの回数も減ってしまって、今ではメールをしても2~3日返信がないほどです。私は彼女に何かったんではないか?

と不安になりながらも、彼女がなぜ冷たくなってしまったのか、それを知りたいのです。

友人に話を聞いたら出会い系サイトで出会ってから時間が経ちすぎている、といいます。

「もっと早くから付き合ってくれって言わないとダメだろ。

それで付き合ってしまえば、色々深入りできるんだから。

もっと積極的に行けばいい」と言われます。

確かに彼女と二人でいい雰囲気だなと思った時に、思い切って付き合ってくれと言えなかった自分はダメだなと思います。

でも自分が付き合ってくれと言うのはこのタイミングじゃないと思ったのです。

彼女が言われたいタイミングを逃してしまったので、冷たくなってしまったのかもしれません。

でも実際に彼女の口から「なんだか冷めてしまった」とでもいいから理由を教えてもらえないと、なかなか自分の中で整理がつかないんです。

次の恋愛に行くにせよ、彼女に執着するにせよ彼女と話がしたいんです。

今のところメールもなかなか返ってこないので、会うこともなかなかできません。

どうにかならないでしょうか。

やっぱり友人の言うとおり、自分が悪いんでしょうか。

すごくモヤモヤした気持ちを持ったまま毎日を過ごしています。

 

やっぱりまだまだ長野の出会い系でも未だに職業で男性を見る女性

長野県小諸市在住 U.Aさん(51歳)
私達が若いころ、女性たちは専業主婦になるのが当たり前でした。

だからあまり給料が高くない男性は女性と一緒になって結婚することができませんでした。

でも今は男性もそこまで高給をもらえるようなところも少ないですし、会社で選ぶ女性も減っているだろう、そういうふうに思っていました。

でもまだまだ私達世代の価値化っていうのは、若い世代にもたくさん残っているんだなぁというのは感じました。

それを感じたのは出会い系サイトです。

長野から出張をしているときに主に使っていたんですけれども、色々な地域でも職業や給料などを女性は気にしているようです。

どうしてそんなことがわかったかというと、私は2つに分けて投稿をしていたんです。

ひとつは職業や給料などを完全に隠したプロフィールを書いたモノ、もうひとつは職業やプロフィールを書いて投稿したものの2つです。

この2つでどちらにメールが来るか、実験的に使っていたのです。

そうしたら圧倒的に職業を出して給料がわかるようにしている方が来ていたのです。

特に商社や銀行などは人気が高かったですね。

未だに給料が高いと思っているのかもしれませんが、そこまで今は高くないんですよね。

私たちの世代も給料の伸びがだいぶ落ち着いてしまいましたから。

こうやって考えてみたら、やっぱり職業や給料がいい人はどんどんプロフィールに書いたほうがいいでしょうね。

逆にあまり良くないフリーターの人とかは隠しながら愛情や誠意、マメさなんかを中心にアピールしたほうがいいかもしれません。

今の出会い系サイトも長野以外でもどうやら男性をお金や立場で見ている女性っていうのは多いみたいですね。

私達世代の価値観が未だに根深く残っているというのは驚きです。

若い人達には悪いことを下かもしれませんね。

 

 

無料の出会い系サイトよりも山梨の出会いは有料のほうが良い!?

山梨県南アルプス市在住 Y.Kさん(40歳)
久しぶりに友人と飲みに行く事になりました。

地元の友人と集まれるって言うことはなかなか無かったので、3人でも飲みにいけるのは珍しいです。

今夜はたくさん飲もうと思って、お酒も2日間禁酒して行きました。

久しぶりに居酒屋で昔のような関係に戻りながら話をしていたら、一人の友人が出会い系サイトをやっているという話になりました。

私は「山梨で出会い系サイトをやってもあんまりいい結果生まないんじゃないの?」と思っていましたが、その友人が言うには結構たくさんの女性が登録しているようなのです。

「案外理解されてないんだな。山梨とか地方のほうが、たくさんの人が登録しているんだぜ。なぜなら多くの人が山梨なんかだと出会いがない、そういうふうに思っているのでなんとか出会いを作ろうとしているんだよ。だから出会い系サイトを使う確率が都会よりも多いんだよな。」

 

なるほど、友人の説明はもっともでした。

私も納得しましたし、実際に画面を見せてもらって更に納得しました。

また、友人は出会い系サイトには無料と有料があるけれども、おそらく山梨では有料のほうが人が集まっているといいます。

「これは俺の実感だけども、どうも有料の出会い系サイトを使い始めてからというもの、無料のサイトよりもいいような気がするんだよね。無料の場合は出会いを求めていないんじゃないの?っていう軽い気持ちで書いている人も多いし。有料の人は本気度が高いからかなり高い確率で会えるしさ。」

そう言って友人は今まで出会った出会い系サイトの女の子の写メを見せてくれました。

可愛い子もいれば普通の子もいますが、こんなにもたくさんの女の子と会ったのか、と思うくらいでした。「これくらい俺でも会えるんだから、絶対誰でも会えるよ」という彼は言います。

久しぶりに3人出会いましたが、私たちは出会い系サイトの話に乗りめり込んでしまった、昔話があまり出来ませんでした(笑)

 

 

政治経済国際など、和歌山の出会い系の女性は博学で話が面白かった

和歌山県橋本市在住 W.Hさん(49歳)
どうもインターネットというのはひとつの意見に流されやすい、という特徴があるようです。

学者の人たちが考察をよくしているんですけど、ある人の場合はすごく批判的なコメントが寄せられ、逆の立場の人が発言すると賞賛される、というような流れがあるような気がします。

ですからインターネットの言論というものには私は全然期待していなかったんですけど、出会い系サイトには素晴らしい人がいました。

その人は和歌山の30代の女性なんですけども、すごいいろいろな知識を持っていて、年下ながらも「勉強しているし尊敬できる人だな」というタイプでした。

出会い系サイトにはそういう人は絶対にいないだろうから、きっと会話も恋愛についての話だとか、元彼がどうとかという話をするんだろうなぁと思っていたんですけど、そうではなかったので驚きでした。

「私も出会いを探しているんですけど、なかなか同じレベルで話せる人がいなくて、だから出会い系サイトなんかも使っているんです。」という彼女、たしかに彼女と同じレベルの男性を探そうと思ったらなかなか大変だと思います。

これほどまでに勉強している30代男性は少ないでしょうから。

しかし私としてはすごい嬉しかったです。

年下の女性とここまで国際情勢であるとか、政治経済の話を一緒にできるとは思っていませんでしたから。

まるで高級クラブのママのように話も上手にできるし、最高の女性だと思いました。

出会い系サイトにいるのはもったいないくらいです。

と同時に、これだけ素晴らしい女性を物にできない今の男性たちを情けなく感じます。

私はもう結婚をしているし、遊びで出会い系サイトを使っているだけですが、独身の男性はたくさんいるはずです。

もっと頑張れ日本の男子よ、と思います。

彼女だって彼氏が欲しいと思って登録しているわけですから。

おすすめ出会い系サイト

 

20~30代が多く、割り切った関係で探してもいいし、ズバリ、セフレを探している女の子もちらほらいました。

 

 

 

若い女の子が多いです。とりあえず、迷ったらココ。

 

 

 

近所でパートーナーを探したいたいならココ!さらに地元トークで会話がはずむので、簡単に盛り上がれちゃいます。